MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
ガンダムビルドファイターズバトローグ 第1話 AIバトローグ
配信開始されましたね。
ガンダムビルドファイターズ バトローグ

まず、長さに驚いた。
5分ぐらいかなぁと。
CM除いても10分ちょいありますからね。
動きはいいですね。
・・・問題は声ですかねぇ。
蒼月昇の声がしておおっ、となった後に関俊彦でええ・・・っとなった。
あ、ここでドヤ顔でシャア・アズナブルの声で合ってるから関俊彦さんは、とか言うのはいりません。
なんでここまでやっておいてこんな奇妙なキャスティングをしたのか。
池田秀一がもう現役じゃないとかなら判るけど、オリジンのルウム撮ったよね?
ほんとなんで?
正直これのせいでたまにクスリとする場面はあっても終始テンション上がりきらなかった。
おそらくは、キャスト表記で蒼月昇としていることからも何らかの狙いがあってのことだと思うのですが。
この声の件とEDの曲が素敵に微妙だった件が合わさって正直1話の評価には50点をつけたい。

最後に。
2話は『敵の秘密開発工場を叩け!』とのことで。
映ったのはトライオン3とアメイジングレッドウォーリアとシナンジュのシルエットですね。
これをサブタイとアナウンスのあったガンプラと組み合わせると
・ガンダムライトニングブラックウォーリア
・ガンダムドライオンIII
・謎のシナンジュ系
になりますかね。
この敵とは誰になるのかってとこですが。
まあ大したオチではないでしょう。
スポンサーサイト
ガンダムビルドファイターズの新作群の配信時期が発表
されましたね。

『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』は8月25日。
ストーリーは、

ヤジマスタジアムの竣工披露式典を翌日に控え、ニルス・ニールセンは
自分が設計した最新鋭の大型バトルシステムを使ったエキシビション・バトルの
ためにイオリ・セイやメイジン・カワグチたちを招待していた。

久しぶりの再会を果したセイはエキシビション用に改修した
ビルドストライクコスモスを披露しようとするが無いことに気付く……。

その時、スタジアムのシステムが何者かに乗っ取られセイたちは閉じ込められる。
そんな彼らの前に謎の集団が現れて、ガンプラバトルを挑んでくるのだった。


ストーリー見ると正しくホビーアニメやってるという感じですねw
例の新ガンダム(仮)がスターバーニングガンダムと名が付いたり、ガンプラ情報の方でアメイジングズゴックが来てますね。


『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』の第1話は8月4日。
ストーリーは、

メイジン・カワグチとアラン・アダムスはバトルシステムに新たに実装された自動操縦モードのテストのため、ヤジマ商事の研究開発室にいた。

自動操縦モードとは歴代ガンダム作品に登場したパイロットの疑似人格AIを使い、操縦スキルの無い者でも手軽にガンプラバトルができるという画期的なモードである。

メイジンはザクアメイジングの後継機、バリスティックザクに、アランはリボーンズガンダムのカスタム機、リバーシブルガンダムにそれぞれAIをチョイスし夢のガンプラバトルを開始する。


バトローグの方はOVAと言うよりは戦闘シーンのみのPV的なもののようです。
ショートフィルムと書かれているのでOP・ED含めても10分超えないレベルなんだろうね。
2話以降も順次とのこと。

ガンダムビルドファイターズ

最後に。
配信サイトが両者で微妙に違うのですが、
Amazonプライム・ビデオ、ガンダムファンクラブ、バンダイチャンネル
では基本的に配信される。
で、バトローグの方はさらに
アニメ公式サイト、バンダイホビーサイト
にて無料配信されるとのこと。
バトローグがどの程度の話数になるのかが気になります。
後はどんなシチュエーションがあるのか。
機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWERが11月に公開
だそうですね。
5話以降見てないし、記事とか見ても
大ヒット配信中の最新シーズンに新作シーンを加え
としか書いてませんが中身は5~8話って事でいいのかな?

今回は驚かない。
前回あったからね。
ってか前回も気づくべきだったんだよなぁ。
これがあるなら最初っから1話づつとか買う必要なかったのにさ。
そりゃあまあ、早く見たいって人はあれでしょうが。
時間的にはどれぐらい削られているのだろう?
まさか追加だけってことはないよな?

最後に。
なんというか前回でケチが付いてしまった関係でこれもあんまり観に行く気が置きない。
無料配信の5~8話待てばいいかなぁとか思ってしまう。
前回のも上映+パンフも売るんなら少し考えるけど。
CoCo壱番屋とガンダムのコラボキャンペーン
の詳細が出ましたね。

『機動戦士ガンダム』×『カレーハウスCoCo壱番屋』キャンペーン2017

900円以上のレシートで応募するのと、会計が900円ごとにくじが引けるのの2つですね。

レシートの方は4つのコースが有って。
・HGの特製ガンダム(スプーン装備型)
・描き下ろしのカレープレート
・ガンダムスプーン(4本セット)
・お食事券1,000円分

だそうです。
当選人数が違うだけでどこコースも900円で1口応募なのかな?

くじの方は店舗でなくなり次第終了。
当たるのは、
・ガンダムコースター1枚(ランダム全8種)
・ガンダムコースターコンプリートフォルダ応募券(3枚で抽選に応募)
・ドリンク券

だそうです。

最後に。
個人的にはなんとも・・・な感じかな。
せめてコースターが描き下ろしならなぁとは思う。
おしゃれだけど。
行ったとして1回かなぁと言ったところ。
「ジョニー・ライデンの帰還&虹霓のシン・マツナガ」最新巻発売記念イベント
行ってきました。
「ジョニー・ライデンの帰還&虹霓のシン・マツナガ」最新巻発売記念イベント、Gカフェ秋葉原店で5/8開催! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト
前回まではカルチャーカルチャーで行われてましたが、お台場店が移転した関係でガンダムカフェ秋葉原店で行うことになった模様。
トークショーやジャンケン大会でのサイン色紙やおみやげの複製原稿なんかは同じですね。

シン・マツナガの方のトークは・・・私読んでないんですよね。
つまらなかったわけじゃないけどピンとこないんだよねやっぱw
去年のトークショーで気にはなったけど巻数出ちゃってるから一気に買うと出費が。
完結したから買い時ではあるんですが。
とりあえず次の何かが3ヶ月後ぐらいに発表できるかも的な話はしていましたね。

ジョニー・ライデンの方は文句なしですね。
13巻:アマリアの性格付けの話(65話)、シールドやらチャクラムの話(66話)、打ち上げの話(67話)、コンペイトウとアイシュワリヤの話(68話)、ブランリヴァルの話(69話)
14巻:ユーマの機体と複合機の話(70話)、フィーリウス達の話(71話)、S0宙域のデブリの話(72話)、デート前のシャアの話(73話)、シャア専用ディジェのプ○バン狙いともしかしかしたらアクトザクだったかもの話(74話)、トワイライトアクシズとの関係、口頭暗号の話(75話)
と言う感じでした。
別段メモは取っていないのでおおよそですね。
特にブランリヴァルの話と複合機の話とディジェの話は良かった。

ジャンケンは相変わらずかすりもせず。
おみやげの複製原稿はジョニー・ライデンの帰還13巻25ページですね。
アマリア初登場です。
・・・せめてメインどころが欲しかったw
いやまあ、ジョニー・ライデンの帰還なだけマシと思おう。

最後に。
イベント自体は良かったのですが会場のガンダムカフェは最悪でしたね。
いや、カフェとしては(場所やコンテンツ考えると)値段は普通だし悪くないんでしょうが。
とにかくトークショーに向いてない。
定員は多くないし、マイク2本しかないし、大型ディスプレイっつってもマンガ映して遠くから見るには小さいし、柄入りのガラスのパーテーションとかアホかと思ったし、駅の高架下というか駅下だから煩いし。
圧倒的にトークイベントに向かない。
次あるんなら出来れば渋谷のカルカルなりちゃんとした所使って欲しい所。
まあ、箱代の話は知らんし、ガンダムカフェ使ったことによって見る側はフードとドリンク買う分で参加できたのは楽ではあるのですが。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.