FC2ブログ
MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
アイドルマスター シンデレラガールズ「開幕直前!!目指せ☆アイドルフェスティバル」やってきました
アイドルマスター シンデレラガールズ×TOKYO MYSTERY CIRCUS「開幕直前!!目指せ☆アイドルフェスティバル」 | 東京ミステリーサーカス

フルで書くと長いなぁw
ゲームのほうだとモバマスだのデレステでいいんですが、シンデレラガールズ全体を指す場合これと言った略称がなぁ。
アイマスCGも個人的にはなんか微妙だし、デレマスも同じく。

閑話休題。
めざフェスは去年の9月から新宿の東京ミステリーサーカスで開催中のリアル脱出ゲーム…ではなくてリアル・プロデューサー体験ですね。
受付がリアル捜査スペースと昔やっていた探偵セブンと言うリアル捜査ゲームの名残が見えますが。
ゲームの方の雰囲気も基本同じ…はず。
結局探偵セブンはやらないままで終了してしまったので未経験です。

ではリアル・プロデューサー体験がどんなものか。
まあ、ホームページ見たりPV見たほうが早いのですが。
急遽参加することになったフェスのために準備をすすめるとなって新宿の街を歩くと言う感じです。
新宿の街と言っても東京ミステリーサーカスの周囲で遠くても10分以内でしたかね?
要所要所の指示や回答などはLINEで行います。
LINEではアイドルやちひろさんのボイスを聞くことも出来ます。
SCRAPがリアル謎解きゲームの会社ということで謎解きがあるんでしょ?と思うかもしれませんが基本的にはありません。
謎というか発想が必要ですかね?
少なくとも謎を解いて穴埋めして答えが浮かび上がってくるというようなものはないです。
ただし、パスワードの答えを得るためにある数値を計算して導き出すとかはあるのですが、その数値もそもそもこの数値だと明示されていたり、プロデューサーならすぐに分かるであろうことと簡単に求められるはずです。

とは言え私はヒント見てしまったのですが。
いや、ある場所を探す際にあそこだと思うんだけど自信がない…一応ヒント見るかとなって案の定違って、あんな初歩的なものを…ってなった。
でも実際普段リアルゲーム式で参加よくするけど雑魚中の雑魚な私でも(ヒント見といて説得力はないのですが)簡単に出来ました。
一応所要時間は受付から全行程で3時間ですね。
特段早くはなかったと思います。
途中わかってるけどぐだった箇所とかもありましたし。

感想としては最高にいいプロデューサーっぽい体験でした。
言うまでもなくリアル・プロデューサー体験とは言っても所詮はごっこです。
ですがごっこだって楽しめるエンターテイメントになってりゃいいのです。
そして楽しむための小道具やスタッフさんがいいんですよ。
例えばこれ
とか。
まあ、厳密に考えるとあの人この日記を紙袋で持ち歩くのだろうかと言う野暮な突っ込みはあるのだが。
そしてスタッフですよ。
まあ、アイマス自体が大きなコンテンツなので社員にもそもそも造詣の深い人は居たと思うのでそういう人から選んでるとは思うのですがこちらとのやり取りでスムーズに返答してくるんですよねぇ。
あれ扠すがに全く知らない人が渡されてマニュアルで対応してるとは思えんのよなぁ。
こういうあたりが良かった。

ここまで書いといて重要なこと書いてなかったのを思い出した。
今回プロデュースできるユニットはアインフェリアとMasque:RadeとLiPPSの3ユニット。
で私が担当したのはLiPPSでした。
とは言えネタバレ厳禁なので担当書いたところで書けることは少ないのですが。
まあ、やっぱこのメンツというか主に3人の問題児に苦労させられそうだなぁ実際と言う感じですねw
あと、途中で入手したものの中身で色々笑ってしまった。

最後に。
ちなみにこの3連休で終了です。
3連休というか今の時間的にもう明日明後日だけですが。
チケット自体はまだ買えるので興味があればと言うところですかね。
この流れだと、正直また秋にでも第3弾始めそうではある。
が、それもいいがシンデレラでリアル脱出ゲームもやりたくない?
ただいかんせんプロデューサーがアイドルに扮するのは無理があるのでどうしたものかと言う感じではありますが。
スポンサーサイト



COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.