FC2ブログ
MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
おかえり、はやぶさ観ました
唯一3作の中では3D作品でした。
2Dで観ましたが。
まずうざいのが、無駄な3D(2Dで見たけど明らかに判るシーンがいくつも)がね。
正直3D映画だからそういう演出するのって本末転倒だと思う。
んで、ストーリー。
最初、日本の宇宙開発史をやったもんだから意外と期待できるのかなと思ったけど微妙でしたね。
まず母親とはやぶさを重ねるが、あの時の状況でそんなことをやれる神経が判らん。
むしろ何、助からない前提ですか?

んで、端役ではなく主役級に子供がいるのも問題。
まあ、子供がうざいのはしょうが無いとして問題はあの年齢の子供が作中で7年経つのに外見変わらないってw
多少誤魔化そうとはしてるが無理w
小学校の高学年なら高校生だぞw
あと、序盤に言い争う端役の子供。
多少のインパクトがあるのに後に登場しないってw
いや、間接的には答えてたけどさ。

他にも変なBGMとかあったが1番気になったのは、恋仲。
いや、そんな描写殆ど無いのに何だよあのラストw
100歩譲って大橋と野村はいい。
臼田の2人は何なのw
描写すら無かったろ。

見る人にもよるだろうが個人的には公開順に評価が下がっていったなぁ。
最初のが1番良かったってのも制作スケジュール的にはどうかと思うけど。

最後に。
結局ミネルバは全スルーか。
そりゃあ教育映画でない以上そういう所をカットして尺を稼ぐのは判るけどさ。
ミネルバのシーンはどちらかと言えば必要だと思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.