MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
サカサマのパテマ観てきました
勿体無い映画だ。
何が勿体無いって上映館数が。
もっと大手を振ってもいいと思うんだけどな。
映画のサイトはこちら
ぶっちゃけ何を言ってもネタバレになるからここは導入部の一文だけを。

主人公のエイジがある日空を見ていると空へ落ちて行きそうになる少女と出会うことによって物語が始まる。

まあ、こんなとこですかね?
一応ニコ動などで分割された本編とほぼ同様のものも見られます。

私は去年だったかな?
ニコ生でアニメとか見るとその終わりに必ず予告やってた時期があってそこで知りましたが。
だいぶ時間経ったなぁ。
調べてみたらニコ生のアニメの終わりにやってたのが去年の夏とかなのかw

まあ、とにかく面白かった。
アニメ嫌いじゃ無かったら見とけってレベルの作品。

~ここからネタバレ全開~






一応スペースを開けておいてからスタート。
まあ、そんなに閲覧数多くはないと思うけどw
エイジが見上げている空(パテマが落ちていく方)が本当の空なんだろうかっていう疑問は見始めた直後には湧いてました。
ただ、それは実は人工の空だけどそもそもコロニー的なところだとか、それこそ飛んでっちゃった人たちが住んでいるラピュタ的なものとかいう想像でした。
つまり重力の方向を一切疑っていなかった。
で、ラスト手前の落ちていってヒビが入った時の鳥肌がね。
あれは痛快だった。
そもそも疑いにくい環境づくりがすごかった。
そりゃあパテマがパッと見地下暮らしでエイジは空が見えてるんだもんな。
でも、そう考えてみると判ることはいくつもあるんだよな。

アイガは何故素敵にディストピアなのか。
要は居住スペース無いんですね。
で、人口的にも少ないから管理社会にするしかなかった。
多分最初の設計段階では犠牲者になってしまった人々のために元の生活と変りなく過ごせるようにと空も高く作り、少ない人数でも過ごせるようにと管理社会にしたと。

月に輪っかがある理由。
予想でしか無いが飛んでしまった残骸とかが月の重力に引かれた物なんでしょうね。

しっかし、パンフ見ながら書いてるが。
試みはいいが見難いなこのパンフw
ちなみに今日見たのは特別トークショーをやってたから。
トークショーだけだったら1日とかに回したんだけど、角川シネマ新宿特有のサービスデー普通に適応されるってんで今日行きました。
結果としてトークショーも良かったですね。
いろいろ話し聞けたし。
パテマの服とかは良かったね。

とりあえず書きたいことは書いたかな。
今年は多分あとルパン見るかもって所だけど、今年一番の映画でしたね。
ローンレンジャーもよかったけどあれはラストシーンだけとも言えるんだよなぁ。

最後に。
設定資料集とか漫画とか欲しくなってきた。
あと冷めないうちにBDが欲しい。
ほんと、勿体無い。
上映館数もだけど去年出来なかったんかな?
もっかい見に行こうかな―。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.