MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
htoL#NiQ -ホタルノニッキ-買いました
今日発売のVitaのゲームですね。
ホタルに付いてくる少女を導いて進んでいくパズルアクションゲームでいいのかな?
絵の雰囲気が気に入って買いました。
まず、脅威のCERO:Dの話。
プレイ動画なんかでも確認できますが、確かにいろんな理由で死にますが本人から血がドバっと出たり、ぐっしゃり潰されたり、真っ二つになったり等はありません。
確かに潰されたり、落ちたり、刺さったりするゲームではあるのですがうわぁって引くような描写はなし。
死んだ時に演出として画面に血がつきますが。
まあ、この程度はねぇ。

さて、難易度。
プレイ動画では結構チェックポイントがある的なことを言っていた気がしますが、そうでもないですね。
1連の仕掛けの場合大体は最初まで戻されますね。
まあ、そこまでやってしまうと甘えすぎだとは思いますが。
で、難易度に直結して独特な操作方法があります。
主人公を直接操作ではなく、導くと言う間接的な操作をするゲーム。
それが、難易度の上昇になっています。
例えば前面タッチが必須なこのゲームなんですが、前面タッチって細かい動作には向かないんですよね。
指で画面隠れますから。
とある場所でタッチペン使いたくなりましたよw
後はタッチオンリー故のアクション判別の難しさ。
アクションはそんなに無いんですが、そんなに無いアクションですら四苦八苦。
箱を押したり引いたりするアクションがあるのですが。
ホタルを上方向に:登る
ホタルを進行方向に:押す
ホタルを逆方向に:引く
ホタルを下方向に:箱を離す
と言った感じなのですが。
登りたいのに引いてしまったり、押したいのに登ったり、離したいのに引いたりと散々です。
これをこのゲームの欠点としてイライラするか、こういうゲームだししょうが無いとしてイライラするか。
現状私は後者です。

まだ、そんなに進んで無いのでアレですが面白いは面白いです。
面白いと思うとともに直接操作できたらどんなに楽かとw
余談だがあの部分だけは物理キーでも良かったと思うのだが。
こういう雰囲気に興味があって、こういう操作をするゲームだと判っていて大丈夫なら買いなゲームでしょう。
今のところ結構難しいという個人的な評価ですが、そこも注意ですね。

最後に。
公式サイトにて『ころがれ!ミオンちゃん』というFlashゲームをやっています。
大雑把に言ってしまえばチャリ走のようなゲームですね。
こういうのってなんていうジャンルになるんだろ?
ころがるミオンちゃんをクリックでジャンプさせて障害物を越えて行って1000m達成したら壁紙が貰えるというもの。
クリアにだいぶ時間かかってしまったw
こういう地味なゲームって熱中するよなぁ。
最初の大砲だけは正直謎だったが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.