MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
Muvluv x HTC Vive 体験会行ってきました
未だに本編やってないのに9時には並ぶという熱心さで。
いや逆に何時に行くか迷ったんだよね。
もっと早く行くかどうかで。
どのぐらいか全然予想できなかったけど、かと言って私が始発で行くのもいろいろと違うなーと思って。
まあ、そんなことはどうでもいいとして。

今回のマブラヴVRはゲームと言えるようなものでは無かったですね。
だが、可能性を感じる作品でしたね。
ステージイベントで急造だということを聞くまでもなくグラフィックはよく言って並。
FPSではあるものの360度見回せるもののガンシューティング以下のゲーム性。
そういうものでした。
もちろん今回のコレははじめからゲームではないし、どんなことをやれるのか、どんなことを見せられるのかの実験の面が強かったと思う。

そして、実際に見せたことによるインパクトはでかかったと思う。
今回は歩兵でしたが迫り来るタンク級、撃つ気すら起こらないグラップラー級、ピンチに轟音とともに現れる戦術機。
いいものですねVR。
私はゲームで感情露わにするのは苛つた時くらいなので今回は別段リアクションは取らなかったですが、他の人はすごいことになってる人も居ましたねぇ。
それとともにやっぱりVRしてる姿は基本的に他人に見せるものでもないなと思いましたがw
今回のVRはホント今後に期待できるシロモノでしたね。

・・・ただし。
知ってましたがVRの導入コストがなぁ。
うちのPCだとまずダメなので本体からですがそうなるとトータル30万超え。
それ以前にHTC Viveだと我が部屋には設置位置がまず無い。
開場で体験した2点観測からの精度やしゃがみ程度は余裕で追跡する範囲は凄いなぁと思いましたが。

ステージイベントは楽しかったですね。
どう見ても堅気に見えない最前列に座った人とか、単なるファンボーイスオミ松崎とか。
桜かと思うようなタイミングの歓声やらMCの只者じゃない感やら。
途中ちょっと聞けなかったのがあれですが。
まあ、VRやるための代償なので仕方なし。

最後に。
可能性は確かに感じました。
が、出来ることなら手に届く可能性にして欲しい。
それならば実際に手に取るのだが。
具体的にはPSの方でって話。
そりゃあ本当に360度見ても問題なかったり動き回れるのは強みなんですが。
まあ、素人が考えるまでもなく判ってるとは思うので待つだけですかね。
・・・とりあえずいい加減本編やりましょうかw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.