MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
はいふり #2「追撃されてピンチ!」
アバン。
さて学校側への報告の詳細が来たようですが。
轟沈とまで行きましたかw

晴風側はスマホ等の通信切って位置情報ビーコンも切ったと。

Aパ。
冒頭は宗谷一家の回想ですね。
副長の宗谷ましろ、ましろの母親であり現在では横須賀女子海洋学校の校長の宗谷真雪、ましろの姉の宗谷真霜、ましろの(お母さんの学校に入ると言っているのでおそらく)姉の宗谷真冬。
四人が諏訪大神社にお参りに行く傍らで世界設定語ってるところですね。
・昔は横須賀の街もここ(諏訪大神社)みたいに陸地が多かった
・日露戦争の後、メタンハイドレートの採掘を機に日本は地盤沈下を始めた
・水没した都市部に巨大フロート艦を建造して、フロート都市に変わって海上開発が進んだ
・それで日本は海洋大国になった
・軍事用に建造された多くの船が民間用に転用された
・戦争に使わないという象徴として艦長を女性が勤めるようになった
画像に気になるものがありましたが一旦スルー。

晴風のシーン。
艦長の各所見回り。
キャラの掘り下げっすね。
一部は艦橋要員以外でもすでに何人かは目立ってますね。
31人だからなぁw
しっかし、人と比較すると連装砲デカイっすねぇ。
なっちまったんでい(かわいい)。
うん、オタクってちょろいなって思います。

艦橋に戻る。
爆雷1発、魚雷無しとのこと。
思ったより弾薬無いな。
爆雷はいっぱい映ってた気がしないでもありませんがw
とりあえず鳥島に向かってるとのこと。
ウィキペディアいわく東京から南にそれぞれ、鳥島が582kmで西之島が1,000kmというような位置関係だそうです。
だから基本的には丘に近づいてはいるんですね。
ましろの不幸エピソードと明乃の幸運エピソード。
ですが、明乃の方はサイトのキャラクター情報のもえかの完璧超人と比較してダメなような印象を受けてましたが、作品見るにつれて普通に優秀に見えますね。

で、鳥からの流れ。
幸子「鳥、こんな時あんな風に学校に戻れたらいいんですけど。水素やヘリウムを使わない空飛ぶ船って造れないですかね?」
ましろ「あんなもの空想の産物だ、馬鹿馬鹿しい。」
まあ、これも一旦後回し。

で、カレーをと思ったら艦艇を発見。
ドイッチュラント級直教艦「アドミラルシュペー」ドイツからの留学生艦だそうです。
語られてないので不明ですが船と要員ごと留学したという感じなんですかね?

Bパ。
さて、なしくずし的に戦闘開始。
360度回頭しながら排煙も使って回避。
が、回避だけではどうにもならないので反撃に出る。
猿島の時と同じになるぞという口論がなされますがこの場では反撃に。
ただ、ここで出てきた艦長と副長のキーがないと主砲に装填できないシステム。
後々面倒になるのが目に見えてますねぇw
水雷長がうずうずしてますがあなたの仕事は今無いですw

で、ここでアドミラルシュペーから小型艇が出てくるも砲撃食らって大破。
さて、積んであった謎装備のお披露目。
まあそんな気はしてましたが大型のジェットスキーのようなものですね。
高速連絡艇のようなものでしょうか?
武装は無しか、前部に何か開きそうな部分あったのでそこに機銃あるかな程度ですかね?
さて、反撃はうまくいきドイツっ娘のところへ。
ここで人工呼吸期待した人は多かったはずw
麻侖「ぶっ壊れちまうよぉ」

洋美「ほんと」
は、しょうが無いのは判ってるけどの愚痴と艦長への不信感感じられる感じでしたね。
この辺がさっきの装填キーと合わさって後々あるかな―。

で、風呂場で苦悩の艦長。
ほんとしっかりしてますよね。
折れないかが不安ですが。

さて晴風カレー。
カレーにゆで卵にサラダに牛乳にと完全な自衛隊カレー。
横須賀海軍カレー本舗辺りが出すのかなぁ?w
若干飾り付けの成果潜水艦って感じがする気もしますがw
実際に作ったら人参の配置が面倒な事この上ないw
で、ましろがカレーを食べようとしたら無線が。
武蔵からの非常事態からの救難要請。
いまいち場所が聞き取れなかったところで2話終了ですね。

~2話で気になったことやら、これからのことを考えてみる~
まず、一番気になったのが鳥の件。

幸子「鳥、こんな時あんな風に学校に戻れたらいいんですけど。水素やヘリウムを使わない空飛ぶ船って造れないですかね?」
ましろ「あんなもの空想の産物だ、馬鹿馬鹿しい。」


これ明らかに飛行機無いって言ってるんですよね。
対空機銃やら猿島の後部やら説明がつきにくいものはあるものの、
・通信を切れば基本的には見つからないような会話
・2話の回想にて出てきたやたらと大きな気球
・GPSという単語が出ていない

などなど。
で、飛行機が無いといろいろと妄想が膨らんできます。
まずWW1辺りから歴史が変わってきます。
空母も無いし、下手すりゃ装甲飛行船なんてものが出てたかもしれない。
WW2に当たるものが起きたとしていろいろ落とされたりしない。
航空機がないと宇宙にも進出していない。
GPSも衛星写真も無い。
とすると、各艦の位置が通信切れば判らないのも通り。
つまり、猿島の偽装撃沈は容易だということ。
2話冒頭では沈没しちゃったのかと思ってましたが、正直もう偽装撃沈だとしか思ってませんw

次は、メタンハイドレートの所。
はいふり当初の説明では
今からおよそ100年前、 プレートのずれにより、 多くの国土を水没によって失った日本。
となっていた。
それの詳細が2話にて明らかになったわけですが。
専門家では無いですが、流石にメタンハイドレート掘ったキッカケでプレートがずれ始めたってのは無茶がありますよねぇ。
問題はこの無茶が作中での真実なのか、作中での一般常識なのかの話。
後者だとするとその辺が何でしょうね。
もしそうだとすると敵は何なのか。
現時点では情報がないのでなんとも言えませんね。
人類なのか、ストラトス・フォー的な何かなのか。

後は2話ラストの武蔵で何が起きているのか。
まずは私が1話の段階で予想していた、武蔵も晴風と同様の現状にある説の延長。
武蔵も猿島と交戦したが反撃せずに逃げ切った。
ここまでが前回のおおよその予想。
で、その後晴風が反逆に仕立てられた事を知る。

晴風の援護に行こうとして武蔵艦内にて意見対立からの反乱が起きた説。

武蔵も同様に反逆に仕立てあげられていて純粋に救援を求めている説。

1話の予想からだとこの2つかなぁ。
で、他の説は

武蔵からの救援は偽装工作である説。

これだと言わされてるのか、細工なのかいろいろあれですが。
こんなところかなぁ。
現状はそもそもの最初の事件の目的がわからないので仮定に仮定を積み重ねて更に想像してる感じですが。

最後に。
楽しいw
正直作品と関係ないところで楽しくなってる感はあるw
例えば東京タワー。
私はあれが”沈んでいる”からこそ2058年以降だと予想していたのですが。
日露戦争後から沈んでいるとなると2006年以降となるので、作中は2016年ってところですかね?
おそらくは徐々に沈んでいったと言うことになるんでしょうが。
そうなるとあんな海抜の高くないところに333mの当時国内で一番高い塔を作りますかね?w
たとえ1957年には陸地でも遠くないうちに沈むの目に見えてたろうにw
という話にはなるのだが。
もうここまでくるとはいふり関係ないんだよなぁw
ここまで関係あったらびっくりするけどねw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.