MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
はいふり #4「乙女のピンチ!」
予告見たけどこのサブタイは予想できなかったわw

アバン。
一気に4日ぐらい経過しましたね。
んー何もなかったのかな?
何かするには何もないんだけどさw
在庫チェック中の美化委員の2人。
最初に見た時は箱のマークに気が付かなくて食糧不足かと思ったw
やっぱり武蔵(と言うかもかちゃん)が心配な艦長。

Aパ。
余裕を持って積んだトイレットペーパーが無いと。
ちょこっと拭くのに便利なんだよねじゃねぇよ、他にあるだろw
と言うか他に積めw
さて、他にも足りないものはあるから補給に行こうという話に。
残り1日ちょいなら切り詰めればいい気はするんですが。
さて、オーシャンモール四国沖店があると。
近いとすると結構西に行ってる気がするんですがどうなんでしょうね?
さて、買い出しに行こうとするも金が無いとw
これは、秘密裏に使えるお金がないってことですよね?
だからこそ小切手はダメだったわけだし、向こうに行ってATMもダメってことでしょう。
そしてユーロのお金しか持ってないドイツのワシっ娘。
・・・ユーロなんですね。

買い出しのメンツは艦長、ミカンちゃん、ヒメちゃん、みなみさんの4人。
主人公だから仕方ないものの、前回は本人が助けたかったからと言う理由があったけど今回は艦長が行ったらダメよねぇ。
で、他の3人はどうしてこの人選でしょうか?
艦橋要員から割けないのは判る。
備品をチェックしていたヒメちゃんと、炊事委員のミカンちゃんはまあ判る。
みなみさんは何故だろうか?
しかも今回特段役に立ったわけでも・・・。
他にもうちょっと出しておきたい薄い娘いると思うんだけど。

で、オーシャンモール四国沖店。
・・・思ってたモールの規模じゃないんですがw
2話回想で出てた気球がちらっと出てますね。

一方晴風。
ラッパの練習をするまりこうじさん。
徐々にうまくなってますね。
特技、楽器演奏(管楽器以外)ってのは今まで機会が無かっただけなんでしょうね。
修理出来るところは既に終わったのかくつろいでますね。
後で叱られますがw
漂流物拾ってるのは魚雷の2人。
拾ってるほうがりっちゃん、横にいるのがかよちゃん。
トイレットペーパーが流れてくるは無理だろと思ったけど後の事を考えれば可能性0ではないですね。
水着で日光浴してるのは機関室の4人組。
マロンちゃんは機関室が落ち着くとのことで機関室で昼寝。
平和な艦橋。
シロちゃんが可愛らしいことをやってますが、そこから機関室4人の噂話に。
で、流れを変えるために修理する箇所があるだろうと散らされますが。
まあ、流石に些細な修理でしょうね。

さて、漂流物漁ってた2人が問題の物を引き上げる。
Abyssの箱だ―と当たり前のように言っているので知名度の高い通販サイトの模様。
密林かな?
で、中身は開いてしまっているケージとネズミらしき生き物。

戻って買い出し班。
買い物して貰ったらしき抽選券でトイレットペーパー1年分を当てる艦長。
その割にはこの段階で荷物持ってる気配はありませんがw
さて、ブルーマーメイドに捕まる一行。
ここで出てきたのが宗谷家(おそらく長女)の宗谷真霜。

Bパ。
再び晴風側。
合流点に現れない艦長。
まあ、連絡入れる手段も無いだろうから知らせるすべもないよね。
そして、獲物を見せに来た五十六。
それを拾い上げるタマちゃん。
そんな中マッチが間宮、明石と護衛の航洋艦2隻(前回の配置からすると浜風、舞風)が接近。
そして、ボイラーの火を落としてるから移動できるまでに時間がかかる晴風。
某アニメで素早く移動開始した船に驚いてましたねぇw
そんな中ネズミの目が怪しく光り始める。
買い出し班は何故かブルーマーメイドと共に晴風に帰還中。
が、4隻に囲まれる晴風。
そして、豹変するタマちゃん。
目は怪しく光っております。
攻撃を主張し暴れ始め艦橋から飛び出し銃撃を始めた。
ミーちゃんが追いかけ海に投げ飛ばす。
投げ飛ばしてからしまったと言ってるのでミーちゃんは起こらせるとあれなタイプですねw
そして、謎の跳躍力で海から戻ってきたタマちゃん。
様子は元に戻っていた。

補給艦は助けに来てくれたと。
で、夜が明けおそらく4月14日。
で、買い出し班を捕まえたのは海上安全整備局安全監督室情報調査隊の平賀二等監察官。
なげーな。
宗谷姉の部署の人だそうです。
海上安全整備局は最初の件を鵜呑みにしているが、安全監督室の見解は違うと。
一方間宮、明石等は校長の指示できたと。
そして、古庄教官の意識が戻り事情が聞けるという話とともに、画面では何故か撃沈されたはずの猿島が同型艦に曳航される姿が。
まあ一応傾いてはいるんですが、だからといって撃沈はどうしたっていうね。
そして、間宮、明石からも猫が来て露骨な猫推し。
流石にこの猫は印象付けだけの一時的な乗船だと思うけど。

宗谷母と姉の会話。
姉は立場が危うくなるかもとの進言をし、母は私のことはいいから異常事態が発生してるから調査をと言う。
やっぱ校長頼もしい味方ですね。
出来ればこのまま、校長が裏切られたと思ってしまうような展開はやめて欲しいが。
船では明石、間宮2隻での豪華な補給整備。
使用不能だった砲は長10cm砲に。
他も同時に変えたのかはちょっと判らん。
で、持ち主不明のため保健室(?)で預かられることになったハムスター(仮)。
ハムスターでは無いのでみなみさんが調べと。
換装した長10cm砲を前に使わないと思うが安心だなというシロちゃん。
・・・武器・弾薬の入手は戦闘フラグだからなぁw
補給整備が終わったので明石間宮等は武蔵の補給に向かうと。
そして、怪しげな霧の艦隊状態の武蔵で終了。

~4話で気になったことやら、これからのことを考えてみる~
ようやく敵の正体の断片は視聴者に明らかにされたわけですが。
無論、ミスリード誘ってる可能性もありますが。
で、ネズミだ。
・ネズミを媒介にしたウィルス的なもので感染すると凶暴化する
・ネズミのテレパシー的なもので凶暴化する
・ネズミのテレパシー的なもので普段抑制しているものを開放させられている
・ネズミのテレパシー的なもので操られている
のどれかですかね?
まあ、1個目は無いかな。
ネズミとタマちゃんの目が怪しく光ったのがあれですし。
後ろの3つだと操られているかなぁ?
単に凶暴化だと艦橋で暴れるだけな気がする。
抑制の解放はそうだとするとこの後ドロドロ必至なので出来ればやめてほしいという個人的な意見w

仮にネズミが操ってるとしてその目的と性能。
目的は正直不明としか。
このネズミが宇宙人的なものなのか、どこかが明確な意志を持って放った生体兵器なのか、事故で放たれた生体兵器なのかで全然変わってくるし。
で、性能。
いくらタマちゃんの特技・趣味がスポーツ観戦・ソフトボールだとしても2人に押さえつけられたのを弾き飛ばし、艦橋から銃座へ人間離れした動きで移動し、イルカとかですら助走しないと無理そうなジャンプで甲板に戻る。
身体強化はしてそうですね。
そして、甲板に戻った後は元に戻る。
水か海水が駄目なんですかね?
これに関してはネズミなのか、操られてる側なのかはっきりはしないが、描写からするとネズミの方かな?

で、猿島が撃沈されてなかった件について。
少なくとももう引き上げたなんてことは無いでしょう。
この異常事態中にそれを解決する前に引き上げなんて無理でしょうし、日数的にも早すぎ。
とすれば、最初の報告が撃沈も含め虚偽だったわけですが。
じゃあこの虚偽の意図は何だったのか。
まあ、この辺も含めて操られてるのかなっていう判断なんですが。
にしても、じゃあ意識不明の古庄教官はどういう状況で誰が発見したんだっていう話んなんですが。
ちなみに1話において教官の目は普通だった。
まあ、この時点で目があれだったら露骨よねぇ。
だからこそ1話ではあえて普通に描いたのか、それとも違うのか。
違うと更にこんがらがるんですけどねw

晴風にきたネズミはどういう形で流れてきたのか。
まず、空いてたとはいえ謎のケージ+輸送コンテナという構成。
この辺を考えるとネズミが宇宙生物類の可能性は薄いのかな?
無論操れるとすれば全然自身を箱詰めすることは可能だし、ネズミ型以外の形態もそれこそ人間そっくりな見た目のタイプもいるかもしれないけどね。
じゃあ、生体兵器説。
ケージが妙なことからこっちの方がしっくりはくる。
じゃあ、どこが流したのか。
・単なる事故
・知名度の高いAbyssの箱を利用したどこかの罠。
・Abyssそのものが黒幕
こんなところですかねぇ。
ただこれ、どれもなんとも言えない。
流石に事故とかいう曖昧なのはやめて欲しいし、罠だとするとどんな数を仕込めばいいのか検討もつかないし、Abyssがってのはちょっと増えすぎかなぁ。

最後に。
さて、補給しちゃったことでかえって次が読めなくなった。
いやまあ、帰るんだろうけどじゃあ何と交戦するのか。
帰港する際に衝突しそうだった4隻はとりあえず味方だったし。
ところではいふりのフリート部分。
晴風がフリートだとは一言も言ってないんだよねw
と言うか現状敵が艦隊組む気配濃厚なんですが。
まあ、敵って何さっていう話ではあるんだけど。
まあ、敵の片鱗が見えただけ良かったかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.