MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
ブレイブウィッチーズ 第4話「戦いたければ強くなれ!」
アバン。
とりあえず前回までのブレイブが毎回じゃなくて安心した。
で、ヘルシンキの司令部に出向いてのお偉いさんとの会話。
何故毎度このアングルなのか。
まあ、このアングルあって安心したのも確かだけど。

Aパ。
いつもの輸送機。
Ju52。
もうイゼッタから借りようよグラw
扶桑からの補給がって言うけど2人分じゃ足りませんか?w

どうやって倒したのかクルピンスキーからハルトマンに手紙を出して聞く。
・・・駄目だろこの組み合わせw
ある意味で師弟だし、まあ伯爵もしっかりするところはしっかりしてるのわかってるけど。
むしろ逆か?
カルスラ他の2人よりはハルトマン方が漏らしそう?
・・・検閲で引っかかるよなどのみちw

海渡し。
先生は歩くどころか止まってますねw
合格しなかったら国へ帰れ・・・はいいんだけど、場所移るんなら元の場所に行かせようよw
カウハバ云々は話してないかな別に?

先生の指導。
いきなりスパナ投げる。
おそらくシールドに出力を持っていかれるとユニット回すのが疎かになるって描写だと思われるのですが・・・判りにくい。
絶対魔眼のときも思ったけど下手くそよねぇ。
あと、スパナ見ずにシールド張りませんでした今?w

食事。
微妙に力入れてるよねぇ。
まあ、ひかりを中心にしてるにしても構図に変化がないけど。

射撃訓練。
と言うよりはテストかな?
的が小さいとは言え苦労してますね。
まあ、そっちはどうでもいい。
安全装置解除してないで撃ってるよ。
放送時に1回見ただけで判るのに、放送前にこれを気づく人材が現場にいないってこと?
まあゼロ戦もあのざまだもんなぁ。
ただ、あっちと違ってこっちは見つけさえすれば修正容易だったと思うんだけど。
しっかし、仮にもミリタリーアニメで安全装置ミスりますかね?

さて今回のメイン、オベリスク。
30mくらいと思われますがまずよく狙って載せられますね帽子。
そもそもウィッチとは言えあの高さに帽子投げられるもんだろうか?
さて、壁登り。
なんか特訓他になにか無かったのかなぁ。
まず見た目がなんとも言えない。
そして、魔法の制御をしっかりしていれば登れるっていやよく判らんのだが。
魔法あればひっつくとか何それ怖い。

食事2。
ここも正直スタッフわかってない。
挑発したのは管野だけどそこでかぶる役割はニパだろうが。
ブレイブから初めて見る人にニパの不運を判らせる気あるんだろうか?
3話の時点で冒頭既に壊れてたり墜落したとかあったけどまだ地味よねぇ。

壁登り2。
ここから結構落ちるシーン多めですが、シールド張ろうよ。
正直既に怪我する高さだと思うんだけど。

サウナ。
ここもなぁ。
やっぱり水かぶるの管野だし、伯爵は何もしないし。
ほんと他の作品のウィッチをちゃんと扱う気無いよなぁ。

壁登り3。
この辺からはダイジェスト気味ですね。
とりあえず食いながらはまだしも壁登りしながら寝るのは無いわぁ。
そして今度は着替えさせないんですね。

昔話。
その娘さえ満足してればいいとかそういう問題じゃないと思うんだけどな。
そして他の人の迷惑になるならって前回の前半では思いっきり邪魔だったと思いますが。

壁登り4。
先生からのアドバイス。
これコントロール下手だから一括集中運用しろってことなんだろうけどそんな裏技で大丈夫か?
それでストライカー回しても飛ぶだけしか出来ないとも運ですが。

敵襲。
相変わらず天気とネウロイさんは空気読みますよねぇ。
そして管野マジツンデレ。
ただ、登ってる最中の掛け合いもうちょっとどうにかなりませんでした?
そして、明らかに疲れてるのに出撃させんなw

戦闘。
やっぱ迫力ないよねぇ。
軌道取らずにホバリングメインだからかなぁ。
前回ニパ抱えながら避けてたんで、うまくなったという印象がまるでないんですが・・・。
さて、魔眼の正体もわかったわけですが。
・・・接触魔眼の名称考えたやつ出てこい。
魔眼って遠くから見ることで発揮するから魔眼だろうに。
もう、接触把握とかでいいよ。

最後に。
次は第5話「極寒の死闘」すね。
モハジョゼ回ですかね?
もしかしたらアウロラさん・・・はこのアニメに期待するだけ無駄か。
ポカポカするジョゼさんに抱きつく展開ですか?
それ以外は認めませんが。
元の学校ってサバイバル訓練とかやってるんですかね?
やってないからあんなことになってるんだとは思いますが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.