MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話「火星の王」
アバン。
茶番ですね。
他の連中は本気でそう思ってそうですが。

Aパ。
茶番その2。
と言うよりは過去回想。
で、幼いながらもある意味今より怖い目つきのマクギリスが要求したものはバエル。
放送時判らなかったので検索したらソロモン72柱の1柱ですね。
オルフェンズにおいてはソロモン72柱といえばガンダムタイプですね。
で、バエルで検索しただけなのに、昨日から始まったガンプラEXPOで発表されたらしいガンダムバエルが検索に入ってきますね。
これが嫌だから鉄血コーナーはガン無視しましたが。
と言うか混んでて見て無いコーナー多いけど。

蒔苗。
怪我で入院してたら戦争始まって終わってたと。
まあ、短い戦争だったけど。
で、鉄華団も撤退。

チャド。
この件にかんしてはほんとにチャド悪くないんですけどね。
今生きてる連中で責任あるとしたら団長ですよねぇ。
もう1人気心の知れた任せても平気なサブリーダーいればなぁ。
そして昭弘とラフタ。
その気配は1期からありましたがこの話で一気に表に出してきましたね。

地球支部後始末。
ラディーチェ、ラディーチェである。
まあ、ラディーチェに求められた役割は書類担当だったろうから裏切らなくても一括だったのよね。

鉄華団にとって団長の命令こそ絶対なのに。
古参連中のこの辺は怖いとこだなぁ。
しょっちゅう書いてるけど三日月ってホント学がないだけで頭いいですよね。

ジュリエッタとヴィダール。
映し鏡ですねぇw
そしてジュリエッタ・・・お前w
ってかヴィダールからでも褒められると嬉しいんですね。
いや、全く褒めてませんがw
というかこの2人ワンちゃんある?

そしてトドである。
このタイミングで来てこの軽口は相手によっては即鉛玉飛んできますねぇ。
しっかし、結局は内輪もめと内輪もめが重なった結果面倒になったと。
このアグニカ・カイエルとバエルはイコールなのかな?
そしてここでサブタイ回収。
鉄華団が火星の王にか。
話でかくなりましたねぇ。
まあ、目指す明確な目的が出来たのはでかいですが。
流石に駄目だろうなぁ。
オルガからその前に死ぬ気配がにじみ出てる。

ハッシュ。
昭弘さんじゃねぇんだからよ。
うん、昭弘の認識はやっぱそうなってるのねw
そして三日月さん呼び。
折れ無かったしついていく気満々ですね。
そのうち三日月のピンチを救う日が来たりするのでしょうか?
あと、いきなり片手腕立て伏せの荷重にお前は重すぎる。
この3人ほんといいね。

火星の王。
そこまでの存在となれば流石にテイワズはいい顔をしないと。
そしてタカキの離脱。
ビスケットの件の再来ですね。
やめた後の仕事の斡旋までしてくれるとか何この優良企業。
・・・なお業務は。
そして離れても俺たちは家族だよの直後に三日月のいや違うよである。
言葉だけ見ると冷たいのですが鉄華団の事は忘れて気にせずに生きろってことですよね。
・・・それが出来ないばかりにずっと元の組の騒動に巻き込まれてる無職の龍が居ますね。
6の記念番組とかでずっとカタギというか無職だって話してて、お前のような無職がいるかと思ったものだが。

閑話休題。
ラフタほんとに昭弘気にしてますがくっついて平和に生きてラスト迎えるでしょうか?
ガンダムの恋人関係ってろくなことにならないからなぁ。
コーラに相談だ。

Cパ?
ED流れたと思ったらタカキ兄妹。
スーツ着てますね。
そういう仕事なのでしょうか?
口ぶりからはまだうまくはいってないようですが。

最後に。
次は第34話「ヴィダール立つ」ですね。
さていよいよヴィダールが出撃するようですね。
戦闘している絵もありましたがどことでしょうか?
次からは火星の王の話が出たことによるテイワズとのゴタゴタかな?
今日のが2期で言うと7話目で1クール分の折り返しは超えた所。
テイワズとのゴタゴタが片付く頃に1クール目終わりですかね?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.