MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
第二次世界大戦 傑作機コレクション 第23号 震電
買いました。
前にも軽く取り上げましたがこのシリーズです。
隔週刊 第二次世界大戦 傑作機コレクション | シリーズトップ
これが出るぞっていうときに書いた記事でも震電出たら欲しいなって書いてたのでついにという感じではあります。
内容物は16Pの冊子、1/72のダイキャストモデル(差し替えにより駐機時、飛行時を再現)です。
価格は1,850円(税別)。
こういうサイズのダイキャスト製の何かって初めて買いましたがいい重量感ですね。
持つとニヤニヤしてしまいます。
見たところ駄目なところはなく、欠点としては一度組むと差し替えが面倒そうだなということくらいかな。
差し替えパーツをしまう袋があればな~とは思いましたが。

冊子の中身は
・機体概要
 スペックやどういう機体なのか
・開発ストーリー
 開発の流れ(震電の場合それが全てですが)
・激闘録!
 本来は実際の戦いの際のことが書かれるのだろうが震電の場合はもし戦っていたらが書かれる
・検証!メカニズム
 プロペラや主翼など細かい部分のコメントなど
・塗装バリエーション
 これもまた仮にどこどこに配属されていたらという塗装イメージ
・ライバル性能比較
 速度や航続力などを紫電改やマスタングなどと表で比較
・人物ファイル
 ここも他なら単にパイロットの事かなと思われるが、制作した九州飛行機や戦後スミソニアンに行った事など
・コラム第二次世界大戦 航空機の世界
 技術編18 エンジンレイアウト トラクターとプッシャーとなっている

こんな感じですね。
私はミリオタでは無くミリタリー好き程度なのでこれの内容がどの程度詳しく、正しいのかを評価できるようなアレではないのでそのへんは触れませんが。
と言うかどのみちこのシリーズのメインはダイキャストモデルだし。

最後に。
最初からこれを買っている人は同じようなサイズのモデルが23機ずらーっと並ぶんですね。
楽しそうだなぁ。
なお、置き場。
このシリーズであと欲しいとしたらJu 87 Gかな。
・・・震電以上に傑作機と呼んでいいのか謎な機体w
震電出るくらいなら出るかなと思うものの、発表されてる第25号までの段階で普通のスツーカすら居ないからなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.