MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話「天使を狩るもの」
バルバトスさんが・・・FGOでいじめられたバルバトスさんがブチ切れておられる(関係ない)

アバン。
2度目の契約。
でもいまいち何が変わってるのか判りにくいのよね。
入ってくる情報量?
思考から動作までのラグ軽減?

Aパ。
1ヶ月後。
(゚Д゚)ハァ?
ってなったよね。
回想という形での戦闘シーン。
無茶な戦いですが、単機で勝てるとそんなに絶望的でもなかったのかな昔もとか思ってしまった。
まあ、子機と分断した上での戦闘ではありましたが。
しっかしまあ、MS的にも作画的にも動く動くw
途中の右手を映したシーンは何だったんでしょうか?
バルバトスの損傷に合わせてこっちも動かなかったとか?
あっぶねぇなは珍しい叫びでしたね。
そして大剣拝借。
あれをぶん回せるのは今の状態だからなのでしょうか?
普段から持てたのかな?
オルフェンズでここまで長い単一の戦闘シーンは他になかったよな。
まあ、1対1という状況が今まで珍しかったんだが。
で、ラストカットはOPのラストカット付近の腕の感じ。
2期の1クール目のラストだったんですね。

テイワズ親父との話。
フレグでしか無いよねぇこれ。
テイワズ全体とってことはないと思いますが。
そして完全に内部勢力の代理戦争みたいなことにw

ギャラルホルン。
マクギリスの言ってること間違ってないからなぁ今回w
そして現地の勢力と協力しって、ギャラルホルン全体で言えば邪魔でしか無かったんじゃがw
そしてイオクwww
ところでこの結果に至ったのは元をたどるとヴィダールの発言なわけですが、ヴィダールはマクギリスの思考をああ読んでそのまま言ったのかね?

オルガと名瀬。
先の話してるよw
もうあれですねこれはw
そして三日月の容態は右半身に広がりましたか。
まあ、中盤とは言えこの程度で済んだかと個人的には思った。
が、ラストこれ間違いなくあれよねとも思った。
ところでバルバトスルプス。
1期が第何形態と書かれていたせいで、ルプスはこのまま行くのか―と思ってましたがこれ強化しますよね?
で、オルガはどう思ってるのか色々と。

Bパ。
寝たまま何事もなく食べる三日月。
起きて食べられないんですかね?
で、あそこまでなっても変わらない三日月が怖いと。
そりゃそうよね。
でだ。
どうしてそうなったw
子供の作り方知らない・・・訳ないよね働いてた場所的に。
世界的にも身近でしょうさ。
で、何故自分とじゃないのか。
まあこれはそのうちまた話題に登るでしょう。
と言うか次回上がってくれないと困りますが。

ヴィd・・・ガエリオの調査。
一応ちゃんと墓地に埋葬されたことにはなってるのか。
問題はあの状態から誰がどうやってという話だ。
・・・ほんとにありえるんだろうかガエリオとヴィダール別人説。
ここまで来るとある気はしてくる。
で、調べさせた割にはバルバトス。
まあ、あの戦いは誰でも出来るもんじゃないし正直こわい。
一応マクギリスはラスタルがガエリオを拾ったと仮定しているようですね。
そんな簡単な話なのでしょうか?

アリアンロッド艦隊・・・なのかな?
いきなり誰かと思ったらMSの開発のお偉いさんかな?
かなりピーキーな機体。
高機動系でしょうか?

で、イオク。
・・・なんかもう勝手に引っ掻き回して勝手に落ちていきそうですねこの人。
とりあえずちゃんと最後退場してくれそうな流れで良かった。
ってかこれで最後も生き残ったら許さんよ。

流星号と雷電号。
本気で五十歩百歩である。
で、ハッシュにお米様抱っこされる三日月。
まさか三日月がされる日が来るとは。
いや冷静に考えてればこうなるのわかってたはずなのに、三日月の強さの印象からどうも結びつかなかった。
一方ハッシュは忠実な部下になっていた所に更に重なるものがあった感じでしょうか?
今回は特に何もいいませんでしたが。

三日月とオルガ。
完全に呪いだなこれ。
最後までやらないのかな過去の話。
多分、振り返ったところでそう深いことがあったわけじゃ無いと思うけど。

最後に。
次は第39話「助言」ですね。
ってか1月15日ですか。
3週間後は遠いなぁw
スタッフとして来ていたラフタらが帰って・・・けど何かと戦う感じですかね?
2クール目からいよいよテイワズの内部抗争の話ですね。
残り1クール分でどんなラストに向かうのか。
日5の最後を有終の美で飾れるのか。
・・・最後がオルフェンズでいいのかなぁw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.