MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
Nintendo Switch体験会行ってきました
正直普通の据え置き機だったら行かなかったんですが、持った感じがどんなのか気になったので行きました。
買う予定ないのに。

やったのはゼルダとスペランカー。
任天堂系は速攻で待機列終わり、他のメーカーでも物によっては終わっていたのでこんな感じに。
ゼルダは一番一般的なグリップ装着時、グリップからは外して両手に1個づつ持つがテレビ出力、本体に装着して携帯機モードの3パターンで遊ぶ。
・グリップ装着時
 この段階でなんというか小さいという印象はやはり受ける。
 コントローラー自体のやりにくさはない。
 ・・・のだが箱系配置のABXYに慣れてる身として真逆の任天堂系には混乱するが、これは別の話。

・分割手持ち時
 小さいものの悪くは無かった。
 流石に操作性は低下するものの支障が出るほどとは思わなかった。
 ポケットに突っ込んだまま出来たりなど出来るであろう機構は冬の味方かもしれない。

・携帯機時
 GamePadを持っていた身としてはそこまで重いとは思わなかった。
 流石に軽いとはいえないが。
 この携帯時に音量調節するための+-ボタンかと思ったらそのままゲームで使っていて驚いた。

とこんな感じ。
気になったのは最初のグリップ時からなんだかアナログスティックの反応がおかしい時があった。
少し倒しても反応しなかったり、話してるのに数歩動き続けたのに。
会場が特殊すぎるゆえなんとも言えないところではあるが。
ゲームの方はノーコメント。
あえて言うなら色々なパターンの操作感を味わうにはスキップしても短かったなと。

スペランカー。
正確には『みんなでワイワイスペランカー』。
タイトルから分かる人には分かる通りPS4の『みんなでスペランカーZ』のマイナーチェンジ版のようだ。
それをテレビでJoy-Conの片側だけで遊ぶというのをやった。

ストラップを付けていても流石に小ささはごまかせない。
ストラップの紐ともともとのLかRボタンの裏のカーブで保持を強化する感じだった。
ので、ストラップを付けていてこのくらいのゲームであればできるかなという印象。
まあ、使えるボタンの数が減っているので高度なゲームはしないと思われるのですが。

一方で待機列から見えた、任天堂が言う所のテーブルモード(ドッグから外し、ディスプレイを立ててやるスタイル)でやっていたスペランカー。
あれは流石にきつそうだった。
というのも携帯機としては大きい画面だが、2人プレイで上下分割(そのままだと横が長過ぎるので黒帯が入る)はきつそうだった。
せめてあれは左右分割にすべきなんじゃないかなぁw
ちなみにこれ貰った冊子いわくテーブルモードでも対応人数1~4人である。
6.2インチ4分割画面プレイとか流石に・・・。
あ、ゲーム内容に関してはやはりノーコメント。
基本的にはPS4版同じだったのと、他のプレイヤーの介護してたのでw
流石に一時期みんスペZずっとやってた身としては最初のステージくらいは余裕です。

最後に。
全体として私が気になった操作感に関しては及第点と言った感じだった。
HD振動やらカメラで何かしら出来たりするらしいがそれを触れる機会がなかったのは残念だった。
でだ。
色々詰め込んだおかげで高いのよねコントローラー。
・Joy-Con (L)/(R)7,480円(税別)
・Proコントローラー6,980円(税別)
この辺どうなのかしらね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.