MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
秋葉原からお台場まで自転車で走ってみた
1日の話ですが。
映画見た後、軽く秋葉原によりました。
で、色々あってこの日はお台場にも行きたいと思っていて事前に準備していたのがレンタサイクルです。

そもそもなんで自転車を使おうと思ったか。
お台場に行くのが微妙にお金かかるからです。
JR1本じゃ行けないので乗り換えるから距離の割には高い。
で、お台場を歩いていると見かけるのが小さめの電動アシスト自転車です。
で調べてみると東京の5区で共同運用しているもので、秋葉原(千代田区)も対象だったので使ってみることに。

東京・江東区臨海部(豊洲・お台場)コミュニティサイクル
共同運営なのにかなり面倒なサイト。
まあそれはいいとして。
どういうものか。
参加している区のあちこちに自転車が置いてあるポートが有る。
で、30分から利用可能で他の区を含めどこに返却してもかまわないというもの。
借り方は携帯を利用していて携帯サイトからレンタル利用を開始できる。
また、会員カード(交通系などのICカードでも可)を使うと自転車にタッチするだけでロックが解除され利用できる。
どういう仕組かというと、ポートと自転車が通信していてそれで場所の確認をする。
と言うか、自転車自体に携帯とかと同様の通信システム詰んでるんだろうな。

実際に使ってみた話。
事前に会員登録は済ませたし利用方法は予習済み。
秋葉原駅前のポートで会員カードの登録をしそのまま借りて発車。
おおよそはこんなルートで行ってみました。
地図検索 - NAVITIME
初めての電動アシスト自転車にちょっと困惑しながら東京の都心を自転車で走るというのはなかなか楽しかったです。
途中勝鬨橋や何かと話題の豊洲市場前を通過して無事に到着。

ルート検索では46分となっていましたが利用履歴からは52分でした。
月額や1日パスじゃない場合の利用料金は最初の30分150円、その後は30分100円(いずれも税別)なので今回の場合270円でした。
仮にこの区間を公共交通機関で行った場合乗換案内をそのまま信じると安くて432円(43分)、早くて29分(555円)だそうです。
値段的には勝っていますが時間がやっぱりあれですね。
楽しむとか、運動目的でっていうのが無いと厳しいですかね。
そもそも秋葉原~お台場間と言う今回のルートが特殊なだけで通常は値段で勝てる区間はほぼ無いはずです。
基本的には駅と駅ではなく、駅と何処かの施設までの足としての利用が基本でしょうからね。

最後に。
試み自体は面白いのですが、ちょっとユーザーフレンドリーに欠けますかね?
まず、最初の関門として街でこのコミュニティサイクルを見かけてもすぐに利用できないこと。
1日利用パスを売っている場所もありますが、基本的には自転車のポートが有るだけ。
そこには冊子が置いてあって利用方法も書かれています。
が、どれだけの人がその場で読んでスマホ使って会員登録してクレカ登録までするでしょうか?
現に私が最初に乗る際に会社員2人組が軽く見て「交通系ICカード、Suicaとか?」なんて話をしながら去っていきました。
そんなもんですよねぇ。
私もなんか新しいもの好きっていうのがなければ乗ってたかどうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.