MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
ガンダムビルドファイターズの新作群の配信時期が発表
されましたね。

『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』は8月25日。
ストーリーは、

ヤジマスタジアムの竣工披露式典を翌日に控え、ニルス・ニールセンは
自分が設計した最新鋭の大型バトルシステムを使ったエキシビション・バトルの
ためにイオリ・セイやメイジン・カワグチたちを招待していた。

久しぶりの再会を果したセイはエキシビション用に改修した
ビルドストライクコスモスを披露しようとするが無いことに気付く……。

その時、スタジアムのシステムが何者かに乗っ取られセイたちは閉じ込められる。
そんな彼らの前に謎の集団が現れて、ガンプラバトルを挑んでくるのだった。


ストーリー見ると正しくホビーアニメやってるという感じですねw
例の新ガンダム(仮)がスターバーニングガンダムと名が付いたり、ガンプラ情報の方でアメイジングズゴックが来てますね。


『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』の第1話は8月4日。
ストーリーは、

メイジン・カワグチとアラン・アダムスはバトルシステムに新たに実装された自動操縦モードのテストのため、ヤジマ商事の研究開発室にいた。

自動操縦モードとは歴代ガンダム作品に登場したパイロットの疑似人格AIを使い、操縦スキルの無い者でも手軽にガンプラバトルができるという画期的なモードである。

メイジンはザクアメイジングの後継機、バリスティックザクに、アランはリボーンズガンダムのカスタム機、リバーシブルガンダムにそれぞれAIをチョイスし夢のガンプラバトルを開始する。


バトローグの方はOVAと言うよりは戦闘シーンのみのPV的なもののようです。
ショートフィルムと書かれているのでOP・ED含めても10分超えないレベルなんだろうね。
2話以降も順次とのこと。

ガンダムビルドファイターズ

最後に。
配信サイトが両者で微妙に違うのですが、
Amazonプライム・ビデオ、ガンダムファンクラブ、バンダイチャンネル
では基本的に配信される。
で、バトローグの方はさらに
アニメ公式サイト、バンダイホビーサイト
にて無料配信されるとのこと。
バトローグがどの程度の話数になるのかが気になります。
後はどんなシチュエーションがあるのか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.