FC2ブログ
MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
カメラを止めるな!観てきました
話題になっている映画ですね。
ツイッターとかではネタバレ避けつつおすすめしている流れですが、ここはまあPV少ないので気にせずネタバレ有りで。
と言うか公式サイト見ると書いてありますしね。

映画『カメラを止めるな!』公式サイト

STORY
とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。


私がこの文章を観たのはこれを書く段階なので一応は知らずに観ました。
けど、なんとなくのカラクリに気づいたのは結構早い段階でした。
SNS等でのネタバレ回避の動き、序盤からチープとは別の違和感でああゾンビ映画を撮っている映画なんだなと。

映画が始まると恋人のゾンビに襲われそうな女性のシーンから始まる。
「けんちゃん。お願い。……やめて」
だがそのまま噛まれ
「…愛してる」
の後にカットが入る。
撮影だったわけだ。
女優の演技に不満で苛ついている監督。
撮影の休憩中、スタッフに血糊を要求してどこかへ行く監督。
しばらくすると撮影している建物の外で悲鳴が。
そして飛び込んでくる腕と倒れ込んでくるスタッフ。
小道具及び演技かと思いきや本当に死んでいると言うかゾンビになる。
メイクさんの言うことにはかつてここは軍が人体実験を行っていた場所。
そして血の呪文を唱えるとそれは蘇ると。
映画の撮影のはずが本当にゾンビに襲われた。

その後もワンカットで37分の撮影が続いていく・・・のですが、違和感を感じる。
それも結構頻繁に。
一番最初に気づいた違和感はさっきの建物の中に腕及びゾンビが来たシーン。
入ってきたドアの横に録音マンが居るのですが、そのシーンの時もその後の説明の時も何故か座ったまま微動だにしない。
寝ているにしたって普通は起きる状況だし、じゃあゾンビになっているかと言えばそうでもない。
その直後、監督がこの状況下に
「撮影は続ける!カメラは止めない!」
と言い放った直後に録音マンがそーっとドアから出ていこうとする。
監督が困惑する中「ちょっと」と言い頑なに出ていこうとする。
そして出ていったと思ったら
「わー!やばいやばいやばいやばい!離して!離せ!離せ!」
と言う声。
ボーッとしてたのはわかりませんが、パニックになったキャラの演技?
と思っていた所に。
この直後のシーンがカラクリに気づいた最大の要因。
本当に直後です。
監督がカメラ目線
「撮影は続ける!カメラは止めない!」
と言うんです。
劇場で見た時はカメラ目線だけに気づきましたが、このセリフ直前に言ったばっかりなんですよね。
で、『映画の撮影のはずが本当にゾンビに襲われた作品』を撮っている所なのかと予想したわけで。
その後もワンカット撮影が続き、予想を裏付けるおかしな違和感が積み重なってスタッフロールが流れる。
その最後にモアレがかかってカットのセリフ。

そして1ヶ月前のテロップ。
先程の監督役の人の所にオファーが舞い込む。
ゾンビ専門チャンネルの開局記念にドラマを撮ってほしいと。
内容は『映画の撮影のはずが本当にゾンビに襲われた作品』なのですが。
この先がやばかった。
生中継でワンカット撮影。
観客からも「あー」と言う声が聞こえた気もした。
私も少なくとも心の中では言っていた。
これをいい加減そうなプロデューサーが言ってくるんですよw
この場では一旦断ったものの結局承諾。
その後顔合わせがあるのですが、本当にやばいのはこっちだった。

・事務所NGでいろいろ言ってくる女優役
・小難しいことを考えすぎている男優役
・軟水じゃないとお腹がやばい録音マン役
・アル中のカメラマン役
・気弱な助監督役
・赤ん坊連れのメイク役
・そのメイク役と親密そうな監督役


なんかもうホント欠けてたピースが埋まっていくというか答え合わせと言うかw
で、その後リハとかでも嫌な予感が膨らみつつ本番。
まず最初に同じ車に載っていたメイク役と監督役が追突事故で来れなくなる。
代役は監督が監督役も兼任。
メイク役は家で台本を読みまくってて今日見学に来ていた監督の奥さん(元女優)。
その後もトラブルの連続です。
例えば先程の録音マンですが、まあさっきの顔合わせの所のでもう答えですよね。
入れ替わっていたペットボトルに気づかず飲んでしまいお腹がやばいことに。
その関係であのシーンでも座っていたし本当にやばくなったので外に行こうとした。
で、最終的に
「わー!やばいやばいやばいやばい!離して!離せ!離せ!」
となったわけですw
その後もトラブルの連続です。
なるほどとか思いながら笑い声も聞こえる映画でした。

最後に。
文句なしに楽しい映画でしたね。
普段邦画観ませんが、そんなことは関係なく面白かった。
あと、激しくはないのですが普段ゾンビもの観ないせいかあのチープさなのに少しドキドキしたw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.