FC2ブログ
MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
『MODEROID シンカリオン E5はやぶさ』が案内開始
ワンフェスで展示されていたらしい、グッドスマイルカンパニーのモデルキットシリーズ『MODEROID』のシンカリオンE5はやぶさですね。
ワンフェスでは撮影禁止だったようなのでその時はあまり情報がありませんでしたね。
後日ホビー誌に載りました。
で、今回案内開始と。

MODEROID シンカリオン E5はやぶさ

説明をガッツリコピペすると
『新幹線変形ロボ シンカリオン』より、「シンカリオン E5はやぶさ」がプラスチックモデルになって登場!劇中さながらのスタイルで造形されたリアルモデル。各関節部の可動により、カイサツソード、グランクロスの必殺ポーズも再現可能です。素材はPS&ABS製。緑、白、グレー3成形色と彩色済みパーツおよびシールにより、組み立てるだけでイメージに近い色分けを再現できます。本商品に続き「シンカリオン E6こまち」「シンカリオン E7かがやき」もシリーズ展開予定です。

※本商品はシンカリオンモードを再現したモデルです。シンカンセンモードへの変形はできません。

とのこと。

注目点はまず緑、白、グレー3成形色と彩色済みパーツおよびシールの部分ですかね。
一番顕著にこの成型色が現れているのがカイサツソードの色ですね。
持ち手と言うかカイサツの部分がはやぶさの車体色の白ですね。
ただ、ここで1色使って金額増えるよりは後で書きますがこの値段で抑えたのは驚異的ではないかと。

次はシンカンセンモードへの変形はできませんの部分。
これは英断ですね。
アニメの変形バンク見ていればわかりますが、プラレールでの変形より更にえげつない変形をしています。
特に肩とかやばい。
その辺の事を考えると変形オミットで良かったでしょう。
リアルスケールの変形が見たければアクションフィギュアあたりの更に高額な商品でいいでしょう。
また、変形オミットも低価格化に一役買っているでしょうし。

コピペはしませんでしたが商品詳細のノンスケール・全高:約135mmの部分。
ノンスケールとはなっていますがアニメ準拠なら26.5mなので1/200相当ですかね。
スケールだけ見るとなにかに並べるのは少し厳しいですね。
ここだけはどうにかして1/150にしてくれれば鉄道模型方面やHGな感じで良かったのですが。
一応ジェット機とかで1/200のキットはありますね。
ただ135mm・・・いろいろと近いものありますよね。
すでに作ってる人いた気もしますが。

2,685円 +税
正直驚いた。
そんなに大きくないとは言え安すぎない?

最後に。
さて。
どこまで出てくれるのか。
E6とE7は決まってるわけですが。
H5はある意味出しやすいと思いますが。
問題はそこから先。
500まで行ってくれるかなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.