MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
西武の新型特急のデザインが決まってしまったそうで
・・・はぁ。
2016年3月にイメージが公開されて無いわぁって思ってたデザインだったんですが。
2018 年度、新型特急車両が走り出します!
結局ほぼそのままの形で決まったようですね。
新型特急車両の基本デザインが決定しました!
・・・はぁ。
ないわぁ。
西武30000系がカッコよくないって思うのは個人の感想だし、カッコよくないだけで別に嫌いではないんだけど。
この新型だけはマジでない。
もうさ、レッドリボン賞作ってプレゼントしたいくらい。

最後に。
デザインコンセプトに書いて有ることがまたムカつく。

~デザインコンセプト~
(1)都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急
(2)みんながくつろげるリビングのような特急
(3)新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急


まあ2番はいいよ、内装の話だし。
まず1番目。
これ実際に走ってたら異物以外の何物でもなくない?
そもそも溶け込むための工夫が反射するための塗装なの?
馬鹿なの?
3番目。
これに乗りたいという人がどれだけ居るのか。
と言うか人を呼び込めるようなデザインとしてこれを作ってるんなら建築物だけ作ってろよといいたい。
世の中にはこれに乗りたいって人が0じゃないと思うけど大多数ではないだろ。
今でも最寄り駅の関係上使わないけど、走り始めたらたとえ遅刻するような状況でも金輪際使わない。
ほんと
『いままでに見たことのない新しい車両』
じゃねーんだよ。
挑戦自体はいいけど誰もこんなの見たくねーから。
戦後の雑誌に出てくる夢の超特急だってもっとマシな形してるぞ。
・・・これせめて顔がマシだったらもうちょっと良く・・・ならないよなぁ。
顔が致命的なのは間違いないんだけど。
7月8日にNHKで謎解きLIVE 『CATSと蘇ったモリアーティ』
をやるそうですね。
謎解きLIVEはNHKが何度かやってきた視聴者参加型の推理番組です。

NHK 謎解きLIVE 『CATSと蘇ったモリアーティ』

やってたのは知ってるんですがなかなかタイミングが合わなかったのでやりませんでしたが今回はやってみたい。
まあ、解ける気はしませんが。
しっかし、シャーロック・ホームズが世に出てから130年ですか。

最後に。
まだ先なのでかえって忘れそうw
でも、7月8日がもう1ヶ月後という恐怖。
まあ、6月に入ったからそうなんだけどさ。
プラモデル作りたいのにテンションが乗らない
なんだろうねこれ。
そしてそろそろ梅雨で本格的に作れなくなるという。
もう日数無いんだけどなぁ。

最後に。
ほんとどうしよっかな。
と言うかどうしてこうなった。
AbemaTVに鉄チャンネルが解説
されました。
もう先月の中頃の話ですが。
一般的に鉄と言うと金属の鉄か、鉄道のことを指すのかなと言う認識なのですが、このチャンネルは微妙に違います。
鉄道だし鉄でもあるのですが。
解説前のニュースリリースだと
鉄道、工場、軍事関連の作品を配信する
と書いてあります。
実際どんな感じの番組かというとこんな感じです。
番組表(鉄チャンネル) | AbemaTV
一番多いのはやはり鉄道。
その次に工場ですね。
後は車・バイクが少しあったり高性能ロボットの世界と言う番組もありますね。
・・・外骨格ロボット「スケルトニクス」が高性能かは別として。
逆に事前に触れられていた軍事があまりない。
少なくとも今見える番組表の範囲にはないし、しょっちゅう見てるわけでもないが今までにあった記憶もない。

最後に。
何ていうか店先でテキトーに流しておくのにちょうど良さそうなチャンネルだとは思った。
差し込まれるCMが他のチャンネルのものなので全く空気が読めてないのは玉に瑕ですが。
軍事も欲しいですが、工場のラインを説明もなしに流し続ける番組とかもあっていいと思います。
AbemaTVってこの手の受付ってしてるのかな?
絵本読んでみた
近くの図書館の新書見てたら気になるものがあったので借りてみた。
『アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険』
と言う本です。
更に説明欄に前作のことが書かれていたので
『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』
と言う本も同時に借りる。
ぶっちゃけ中身に関してはタイトル通りである。

リンドバーグの方は。

賢いネズミが住みにくくなったハンブルクから住みやすいと噂のアメリカへ行こうとするが、船が駄目だったので空を飛んでいこうと考えた。
グライダーから初めて蒸気エンジンまで作り出しそして最終的にはニューヨークにたどり着く。
そんなネズミのポスターを見た少年が居た、その子供の名前はチャールズ・リンドバーグ。

と言う感じで終わっている。
アームストロングの方も流れは一緒で目指す先が変わっただけではある。
下地が実話なので賢いネズミが居たのならばあるいは?と言うような感じの話になっていて面白かった。
絵本を見たのなんていつ以来だか覚えていないが普通に面白かった。
子供に読みたい絵本を探していない人でも、リンドバーグやアームストロングで気になった人は読んで損はないと思う。

最後に。
しっかし、害獣でもあるのにネズミってなんでこうも可愛く書かれるんでしょうね。
いや穀物とか荒らさないんなら実際に可愛いんですが。
千葉のD社のあれを持ち出すまでもなくキャラクターのモチーフともなりやすいし。
害獣になり得るだけ身近にいるからモチーフにもなりやすいということでしょうか?
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.