MHFをお連れします
名は体をあらわす。 基本はそんなところです。 メインはMHFの日記かもしれない? あとは好きなもの(メタルギア、ガンダム、スパロボ、TYPE-MOON、その他いろいろ)の情報を適当にって感じです。
レッドブル・エアレースで零戦が飛ぶそうですね
レッドブル・エアレースはレッド雨ブルが主催のエアレース。
小型の飛行機で決められたコースを飛行してタイムを競うレース。

零戦の方は零戦里帰りプロジェクトのもの。
世界にレプリカを除き4機現存している飛行可能な零戦で日本人が所有している唯一の機体。
14年に日本に持ち込まれ16年には飛行も行われています。

で、そんな零戦が6月に千葉で行われるレッドブル・エアレースにて飛ぶと。
日本の名機「零戦」がレッドブル・エアレース千葉2017に登場!! – レッドブル・エアレース千葉2017 オフィシャルチケットサイト|Red Bull Air Race CHIBA 2017
スケジュールの詳細とかは出てませんが開催日3、4日両日とも飛ぶんですかね?
現時点での書き方ではよくわからない。
興味はありますが、もう金はない。
外からじゃ見えないと思うしなぁ。

最後に。
ちなみにレッドブル・エアレースの最高速度は370キロだとか。
零戦は540キロ。
流石に最高速も出さないし、エアレース用のコースを飛ぶわけじゃないとは思いますが。
と言うかエアレース用のコースを回れるのかしら零戦。
そりゃあ旋回性能いいとは思いますが。
あー気になる。
ららぽーと立川立飛のレゴトレインジオラマ見てきました
昨日ですけどね。
昨日の多摩動物公園はこっちがメインだったと。
・・・どうあっても滞在時間はメインの方が短いのですがw

ららぽーと立川立飛店。
近くの有名な地名である所の立川を無理やり足しているが、どう考えても立飛店である。
初めて中に入ったが外見より思った以上に広かった。
けどまあ、レゴトレインのジオラマの方は1.8×5mなのでこんなもんですね。
レゴ立飛
加工が面倒なので横からですが。
まあ、個人でも広さだけならまだ出来る範囲ですが。
走ってるものがやっぱ凄いですよね。
見てると凄い組み方してるなぁと思うものが多々あるし。
東横インとか普通にプレートで描けるんですねあの範囲で。

最後に。
この写真には映ってませんがかがやきのパンタグラフの作りがすごかった。
バールだし、あんなんで固定できるのかと。
ああいうの見ると楽しいです。
まあ、ふらふらしてる私には縁の遠い話ですが。
久しぶりにプラモを組み始めた
遅々として進んでないですがw
素組じゃないのと足りてないものに思い至ったから。
素組みだったら組み終わったとは思うけど。
今回始めてエアブラシまでやろうかなと色々施策中だけど。
それでそのまま流れないかが、自分の性格上怖いw

最後に。
とりあえずは8日にどうのって予定だったのは無理だな。
間に合わん。
・・・先にこっち選んだの間違いだったかなぁ。
バーニングオーシャン観てきました
そもそもこの映画観る予定はなかった。
松竹系の映画館のメンバーズカードの期限が今月の19日までで何か観て期限を伸ばさなければと言う。
なんですかねこの本末転倒の状況は。
本当は先月のゴーストインザシェルで伸びてたはずだったけど、池袋で展示会あるからそれに合わせて池袋で観たんだよね。
期限知ってれば池袋から移動してみたんだけど。
しっかし、こうなると更新料方式の方がいいのかなと思ってしまう。

閑話休題。
観る予定がなかったと言っても興味なかったわけではない。
興味なくはないけど映画館に行くほどではないかな・・・と。
金もないし。
が、数奇な運命で観ることになったバーニングオーシャン。
面白かったです。
普段なら、面白くなかったかつまらなかったで言えば面白かった。
的な評価が多いのですが普通に面白かったです。

バーニングオーシャン。
原題はDeepwater Horizon。
作中にて登場する船の名前であり、現実にも存在していた船の名前。
はい、実話を元にしたお話です。
2010年メキシコ湾原油流出事故 - Wikipedia
日本人で関係ない仕事だとそういえばそんな事件あったかなっていうレベルな気はしますが大事件と言うか大事故ですね。
これがどの程度まで本当のことかはいっそ当事者ですらわからないのではないかという気はしますが。

映画は裁判の場面(?)から始まります(音声のみ)が、すぐに主人公の出社前の風景に。
そこからヘリで船に出社するものの何やら揉めている。
で、どんどん駄目な方向へ向かっていくわけですよ。
まあ、観るこっちは断面図やら邦題のせいでわかりきっているのですが。
で、バーニングしちゃうわけですが。
そこからはそこらのアクション映画にも引けを取らない迫力ですよ。
なんなら4Dにも向きそうです。

ぐだぐだ中身は書きませんが面白かったです。
ウィキペディア見るとアメリカでの興行収入が奮って無いのが驚くくらいに。
冒頭こそ主人公の出勤前の家族とのシーンで若干不安になったものの、それ以外はずっと面白かった。
ただ、私が『メーデー!:航空機事故の真実と真相』やら『衝撃の瞬間』が好きだというのは今更ながら明記しておく。
でも、日本人には向いてるんじゃないかなこの映画。

最後に。
ほんとこんなに手放しで面白かった映画何以来だろう?
ちょっと記憶にない。
個人的にはシン・ゴジラよりも良かった。
あれもまあ手放しで(あえて言うなら無人在来線爆弾の挙動は気になったがw)面白かったの範囲には入るけど。
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパンを読み終わりました
発売当時に買ったんですが時間かかってしまった。

中身としてはアメリカに原爆を落とし枢軸国側が勝利しアメリカをドイツと日本で分割占領していると言う歴史改変SF。
高い城の男の影響を強く受けた本作。
更に表紙にはビルと同程度のロボットが描かれるなどそういう要素も入っている。
が、このロボットあたりは正直全く必要性を感じない。
そりゃそうだ。
主人公がパイロットとかじゃないのだから。
役割どころとしては戦車と大して変わらない。

キャラクターの個性もなんだかあまりしっくりこなくてそのくせ人数が多い。
まあ、メインが2人なのは救いだが。
主人公が抱えている闇と言うかどうしてこういう性格になったのかと言う話は最後に出るのだが。
爆発オチなんてサイテー。
と言わざるをえない。

最後に。
少なくとも私のような文学も読まないしSFも素人だしって人間には特に面白くなかった。
表紙のロボットに惹かれて買うのは完全にNGだし、SFの入門にも決して向かないだろう。
SFの入門ならきっと濃い人に聞いて・・・だめな気がするなw
日本人だからこそかえって受けないのかな?
逆に日本人が書いた架空戦記じゃなくて、太平洋戦争に勝ってアメリカ占領した世界の話って無いのだろうか?
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.